快適にWi-Fi接続するために

Wi-Fiのつながりが悪く、このことに頭を悩ませる方も少なくありません。Wi-Fiの使用頻度は人によってまちまちであると言えます。とは言え、中には仕事で毎日のように使う方もいるでしょう。このような場合に、インターネットの接続が遅いとすさまじいストレスになると言えます。

ではこのようになってしまう原因には、どんなものがあげられるのでしょうか。まずよくある原因には時間帯が原因にあります。Wi-Fiを使う時間帯は集中するものです。当然のことですが、Wi-Fiを使っているのは自分だけではないため他の人の使用が影響することもあります。その他の原因としては主に2つの要因が挙げられます。どちらもWi-Fiの購入を希望している方の中には、あまり重要視していない方もいる項目だと言えるでしょう。

まず1つ目に挙げられるのは、Wi-Fi本体の接続可能な範囲の制限です。とにかく通信速度が速い物が良いと選んでしまう方もいますが、この範囲に合ったものを購入しないことによって、使いやすさが変わることもあります。次に2つ目の項目として、接続可能な台数の制限があります。こちらも1つ目と同様で使っていると忘れてしまう項目とも言えます。この台数も速度に関わってくるため選ぶ際には確認しておくことが望ましいです。

Wi-Fiの接続が遅くなる原因

Wi-Fi接続の早さというのは、時間帯によっても異なってきます。なぜこのように言われているのかというと、それは使う人の密集する人数によって速度が変わることもあるからです。具体的にどういうことなのかというと例えば、朝起きた時にすぐWi-Fiをスマートフォンで接続した際には快適に繋がったのに仕事から帰ってきて夕方ごろ接続してみるとインターネットの繋がりが遅いという事例もあります。夕方ごろの時間帯というのは自陣だけではなく、社会人の人はもちろん学生も学校が終わって使い始めるころであるため接続が集中していると考えられます。したがって、これが理由でWi-Fiの接続が遅くなるということもあり得るのです。

とは言えWi-Fiの接続が遅いのはすべてが他の人も接続しているからというわけではありません。その他の繋がりを悪くしている理由としては、Wi-Fiルーター本体にある可能性もあります。あまりインターネットに馴染みがないという方はWi-Fiを購入する際に、有名であるという理由で選んでしまう方も多いです。ではこちらのどこが接続を悪くする原因になるのでしょうか。Wi-Fiには機種や作られた会社によって接続の速度が異なる場合があるからです。タブレット端末などで検索をかける際には少しでも速度が速い方が良いものです。したがって、Wi-Fiルーターを選ぶときには接続の速度がどれくらいなのかきちんと確認してから購入することをおすすめします。

接続可能な範囲について

Wi-Fiルーター初めてWi-Fiルーターを購入する方の中には、Wi-Fiの接続可能な範囲を把握していないという方も少なくありません。そのため使い始めてから、つながらないと困る方もいます。このように後からつながらないと困る前に、まず自分が持っているもしくは、これから購入する予定であるWi-Fiルーターの接続可能な範囲を理解しておきましょう。Wi-Fiルーターの接続可能な範囲は、どのルーターも同じようなものだとイメージしている方もいるのではないでしょうか。実際には機種や製造された会社によって大きく異なるため購入の際には注意が必要です。加えて現在では普段は家で使えるが、外にも持ち歩けるタイプの便利なWi-Fiが存在します。このタイプを使う際にはなおさら接続可能な範囲を把握しておく必要があると言えるでしょう。

接続可能な範囲はWi-Fiルーターを販売している各社、各機種であらかじめ決まっています。ものによって範囲の広さは違います。当然ながらこの範囲内であれば快適にインターネットに繋げると言って言いでしょう。とは言え、範囲内であるというのに繋がりが悪いという悩みをよく耳にします。この場合は何が問題であると言えるのでしょうか。それはWi-Fiをどこに置いているのかが原因となる場合があります。線で接続せずにインターネットを使う方法としてWi-Fiは欠かせないと言っても過言ではありません。しかし、Wi-Fiも障害物には弱いという傾向にあるのです。これはどういうことなのか、例えばドアを隔ててそのドアの先にWi-Fiルーターを置いているという過程で考えてみましょう。この場合、タブレット端末を使ってインターネットを利用している自身がその部屋とは別室にいる場合にインターネットの接続速度が遅くなることがあります。これはドアがあるということで接続が遮られていることが原因として挙げられるのです。

台数制限を気にする

最初は把握していたはずなのに、長く使っているとWi-Fiの台数制限を忘れてしまうということも少なくないのではないでしょうか。そもそもWi-Fiが1つあれば何台でもつなげると思いがちですが、快適にインターネットに接続するためにもこれから使うWi-Fiルーターの接続可能な台数を知ることが重要です。購入する前は、インターネットにつなぐものと言えば、スマートフォンとパソコン以外にないと考えてWi-Fiの接続可能な台数を気にせずに購入してしまうということもあるようです。では実際にスマートフォンやパソコン以外のどんなものがインターネットにつなげるのでしょうか。子供だけではなく大人の方も利用することの多い、ゲーム機ですがこちらも本体の種類によってはゲームで遊ぶだけではなく、インターネットにつなぐことが可能となっていることをご存知でしょうか。

また、デジタルカメラであったりプリンターなど身近にある家電もインターネット接続でできるものが豊富にあり、いつの間にか台数制限を超えていたということもよくあることです。これでなんの問題もなくインターネットに接続できていれば問題ありませんが、中には接続にかかる速度が落ちたり使えなかったりと不便になる可能性もあります。したがって、あらかじめ購入前に台数制限を確認してから使うようにしてください。

まとめ

自分ではわかっているつもりでも、インターネットの繋がりが悪くなってしまう原因に気づけていない場合もあります。したがって、改めて自分が所持しているWi-Fiルーターの詳細を知っておく必要があるでしょう。これから購入するのであればなおさらそう言えます。インターネットの繋がりが良くない理由に時間帯で混みあっていることが理由としてあげられます。

これはWi-Fi本体が原因となっているというよりも、その周りが原因であると言えるでしょう。しかし、快適さに欠けてしまうのはなにも混み具合だけではありません。Wi-Fi本体が自分の使用用途に合ったものを選べていない場合にもインターネットの接続速度が遅くなる原因になり得るのです。その例としてはまず接続範囲を超えて使っていることが原因の1つにあります。

Wi-Fiを使う際にいちいち使える範囲を気にして使っていないため、知らず知らずのうちに離れたところで使って、ネットへのつながりが悪くなったという話もよく聞きます。したがって、購入の際にどれだけの範囲でインターネットが使えるか知っておく必要があるでしょう。加えて、接続可能な台数にしても快適に使うために詳細を把握しておきましょう。

<推奨リンク>モバイルWi-Fi最安リサーチ!..モバイルWi-Fi比較情報